ダウン症と歩こう
基礎知識
ダウン症の合併症
ダウン症の療育
自立に向けて
ダウン症Q&A

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが足りなくなる病気の甲状腺機能低下症が、時々「ダウン症」の合併症としてあらわれることがあります。“元気がない”“食欲がない”など、それらしき合併症の症状があるときは、早めに受診しましょう。“乾燥肌”や“動作がゆっくり”というように一部「ダウン症」の症状とかぶることがあるので、よく観察することが大事です。

どんな病気?

「ダウン症」の合併症として見られる甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンが足りなくなることで起こる病気です。甲状腺をこうげきする抗甲状腺抗体ができることが大きな原因となって、引き起こされる自己免疫疾患になります。男性よりも女性に発症することが多く、これは「ダウン症」の人にも同じことが言えます。また、慢性の甲状腺炎を「橋本氏病」と呼んでいます。このホルモンが低下すると元気がなくなり、動脈硬化など老化が進行します。

症状

甲状腺機能低下症を発症すると、実に様々な症状が見られるようになります。あらわれる場所別に、主な症状を見ていきましょう。ノドの腫れや眼球突出がよく代表的な症状として取り上げられますが、そういった症状が出ない場合もあるため、決め手にはなりません。どの症状もゆっくりと進行していくため、異常に気付かないことも多いので注意してください。

全身

倦怠感、指で押してもへこみが残らないむくみ、寒がり、便秘、食欲低下など


精神

気力低下、集中力低下、記憶力低下、動作がゆっくりなど


皮膚

乾燥肌、汗をかかないなど


脱毛、白髪の増加など


その他

唇や舌が大きい、低い声、かすれ声、こむら返り、月経過多など。


「ダウン症」の人の場合、生後すぐにこの合併症を発症するケースもあります。そうなると、心身ともに発育が急激に低下して、クレチン症になってしまいます。症状は知的障がいを伴う低身長症で、黄疸、蒼白、筋緊張の低下、低体温、さらには手足が小さく短い、鼻が低い、唇が厚いなどの身体的特徴も見受けられます。

治療

甲状腺機能低下症によるこれらの色々な症状は、早期からの適切な治療で、かなり改善されます。主な治療内容は、甲状腺ホルモン薬の服用になります。はっきりと機能低下が見られれば、一生薬を服用し続けなければいけません。薬はホルモンのバランスを見ながら、医師と相談しつつ、量を加減してください。また、機能低下の数値が低い場合、甲状腺ホルモン薬の服用はせずに様子を見ることもあるでしょう。そのほか、ホルモンバランスが安定してから、3ヶ月〜半年おきくらいに血液検査を行います。

日常生活での注意点

甲状腺機能低下症になってしまったら、日常生活ではどんなことに注意すればいいのでしょうか。以下のほか、できるだけ精神的なストレスなく、規則正しい生活を心がけることが大切です。適度な運動も忘れないでください。

食事

検査の前などにヨード制限をすることがありますが、普段の生活では特にこれといった制限はありません。ただ、海苔や海産物、納豆などの大豆製品ばかりを好んで多く食べたり、反対に制限しすぎたりするとかえって症状を悪化させてしまうことがあります。適量なら問題はないので、気にしすぎないほうがいいでしょう。

薬の服用は、忘れずに続けましょう。たいていの場合、薬を服用しはじめて半月から1月もすれば症状が消えていきます。この時点で飲むのを止めてしまう人もいますが、止めずに続けてください。なお、「ダウン症」の人は心身の発達がゆっくりなので、甲状腺ホルモン薬を服用することで、健常者なら副作用が出ない量でも、出てしまうことが考えられます。そんなときは、医師と相談して、甲状腺機能低下症が出ないギリギリの範囲内で、薬の量を減らしてもらうなどして、焦らずに付き合っていきましょう。

MENU

ブックマーク登録↓

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us