ダウン症と歩こう
基礎知識
ダウン症の合併症
ダウン症の療育
自立に向けて
ダウン症Q&A

消化器疾患

「ダウン症」の合併症として先天性心臓疾患の次に多く見られるのが、消化器疾患になります。この消化器疾患は早い時期に手術する必要があります。ここでは、「ダウン症児」が発病しやすい消化器疾患について話していきましょう。術後のケアも併せて、見ていきたいと思います。

どんな病気?

消化器とは胃、小腸、大腸、直腸、肛門という消化管と肝臓、胆のう、すい臓といった消化・吸収に関与する内臓のことをいいます。消化器の病気は、下痢、便秘、消化管出血、逆流などの消化器が障がいを起こしたときにみられるものや、腹痛、鼓腸、食欲不振、吐き気などの消化器疾患が原因で生じることもあれば消化器以外の病気によって起こることもあります。「ダウン症児」に合併する消化器疾患のほとんどは先天性で、多くの場合、緊急の手術を必要とします。「ダウン症児」の約20%が、何らかの消化器疾患を併せ持っていると言われています。

種類

「ダウン症」の合併症に挙げられる消化器疾患には、様々な種類があります。その中で、代表的な病気をいくつか取り上げてみましょう。

十二指腸閉鎖症・腸狭窄症

十二指腸閉鎖症・腸狭窄症は、腸の一部が途切れていたり、腸が狭くなっていたりします。どちらも十二指腸に多く見られます。閉鎖症には、さらにいくつかの種類があり、膜様型、索状型、離断型、多発型に分けられます。また、膜様型の膜様隔壁に小さな穴があいている場合は狭窄症になります。主に嘔吐やお腹の膨れ、黄疸などの症状があり、今は出生前診断で発見されることが多いです。

鎖肛

鎖肛とは、その名のとおり生まれつき肛門がうまく作られなかった病気です。肛門は食べた物が消化されて残ったカスを体外に出すための出口として、大切な働きをしています。鎖肛は、その肛門がない、または極端に小さかったり、位置がずれていたりします。一般的には見た目ですぐ分かりますが、それ以外にもお腹の膨れ、嘔吐などの症状が見られます。

ヒルシュスプルング病

この病気は巨大結腸症とも呼ばれ、消化管の動きをコントロールする腸の神経節細胞がないことで、重い便秘や腸閉塞を引き起こします。たいていの場合、神経節細胞のない腸の長さはS状結腸くらいまでになっています。症状は排便困難やお腹の膨れ、下痢のほか、発育障がいなどを伴うことがあります。

肥厚性幽門狭窄症

十二指腸につながる胃の出口の幽門が厚くなって、ミルクなどを吐き出してしまう病気です。生後2〜3週間頃から、ミルクなどを吐く症状が見られ、その頻度は次第に高くなっていきます。ミルクを飲ませるたびに噴水のように吐き、体重が減っていきます。嘔吐を繰り返しているにもかかわらず、欲しがりますが十分な水分補給ができないため脱水状態に陥ります。

治療

消化器疾患の治療は、どれも緊急を要します。そのため、手術が基本的な治療方法になります。ほとんどが生まれてすぐに発見できるので(中には生まれる前に発見できるものも…)、それぞれの病状に合わせた適切な手術が行われます。このほか、手術以外にも薬物療法やカテーテル治療といった内科的治療も行われます。外科的治療を行ったあと、内科的治療や術後のケアなどを根気よく続けていきましょう。ちなみに、数回に分けて手術が行われることもあります。

日常生活での注意点

上記で紹介しているように、消化器疾患は排便に関係することが多く、術後は排便のトレーニングが必要になってくることもあります。最初はうまくできなくても、トレーニングを重ねているうち徐々にできるようになるので心配要りません。また、おしりの機能を診てもらうため、定期的に通院して、経過観察するようにしましょう。さらに、食物繊維の多いものを食べたり、水分をたくさんとったり、適度な運動なども効果的です。
手術によって、下痢や腸炎なども起こしやすくなっているので、そのへんのバランスも重要です。

MENU

ブックマーク登録↓

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us