ダウン症と歩こう
基礎知識
ダウン症の合併症
ダウン症の療育
自立に向けて
ダウン症Q&A

学ぶ

幼児期には、他の子供たちと一緒に色々なことを学びながら過ごしていくことが、心身の発達に大きな影響を与えます。同時に、この時期は親から離れて過ごす時間が少しずつ増えていくときでもありますね。ここでは、「ダウン症児」の教育機関について見ていくことにしましょう。

療育施設

「ダウン症」の子供は、小さい頃から療育施設に通っている場合が多いでしょう。この療育施設には親が付き添って、子供の訓練などを見守るかたちになります。「ダウン症」の場合は、食事や用便など日常生活での自立指導や訓練が中心になりますが、肢体不自由など別の障がいを持つ子供たちも一緒に理学療法などを行っているところも多く存在します。ただ、療育施設に通っているのは、みんな障がい児なので、同年代の健常の子供との触れ合いをさせたいと思っているなら、そういう面では少し物足りなさを感じるかもしれませんね。そんなわけで、ある程度のことができるようになった時点で、保育園や幼稚園に転園するケースもあります。

保育園・幼稚園

最近は、「ダウン症」の子供が入園している保育園や幼稚園も数多くあります。地域の保育園や幼稚園に入ることで、親のほうにも一人の時間ができ、気持ちにも余裕が生まれるでしょう。保育園や幼稚園に入園させようと思ったら、まず園長先生に相談してみてください。今は以前に比べて断られることは少なくなりましたが、何らかの障がいを持つ子供を預かるとなれば、やっぱり園側もためらうでしょう。ここは、子供の症状や園の設備などについて、しっかり話し合うことが重要です。

保育園

保育園は預かり時間が朝から夕方まで長いので、親子共々毎日の生活に余裕が生まれます。年齢別のクラス分けになっているため、子供に合ったクラスなら、楽しく過ごせるでしょう。基本的に保育を目的にしているので、数字や文字などの学習はあまり行われません。

幼稚園

ある程度規則正しい幼稚園生活は、学校生活になじむためのトレーニングになります。保育園と違い、預かり時間が短いため、親子で長い時間過ごしたい人にはおすすめです。幼稚園になると、夏休みなど長期休暇の過ごし方を考えなければなりませんね。

特別支援学校

就学期になると、今度は学校を選ばなければなりません。選択肢の一つとして、特別支援学校が挙げられます。その特別支援学校の中でも、さらに「ダウン症」の子供が学べる学校におもに肢体不自由児を対象にしたところと、知的障がい児を中心に教育しているところがあります。前者は重い心臓疾患などの合併症を持つ子供が、後者は合併症のない子供が多く学んでいます。特別支援学校によって、小学部と中学部だけがあり、高等養護学校は別のところに行く場合と、小学部と中学部、高等部が一つの建物内にある場合があります。それぞれの子供の状態に合った環境で、能力に合った専門的な教育を受けることができます。

普通学校

特別支援学校以外の選択肢に、普通学校があります。小学校から普通学校に入学し、学んでいる「ダウン症」の子供もたくさんいます。普通学級で学んでいる子供もいれば、学校によっては校内にある特別支援学級で学んでいる子供も…。また、小・中学校を普通学校で過ごし、高校は特別支援学校に転入するケースも多く見受けられます。いずれにしても学校側ともよく相談した上で、通わせるようにしましょう。特に、普通学級に入ったら実際に何日か過ごしてみて、もし本人が学校に行くことを嫌がったり、学校生活になじめないようなときは、親の願いばかりで無理に通わせることはやめたほうがいいかもしれません。子供本人にとって、本当にいい環境で学べる方法を考えるべきではないでしょうか。

MENU

ブックマーク登録↓

Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us